第13回 エンペラー初体験/細身美人のミャンマー娘に感激!byぎんたまん様

こんにちは。

先日、初めてエンペラーに行きましたので、語らせて頂きたいと思います。
初投稿の為、読みにくい点もあるかと思いますが、お付き合い頂けたらと思います。

先日、初めてミャンマーという国に行きました。
ヤンゴン国際空港に到着した時、すごく興奮していたのを覚えています。
空港にて、お金や携帯などを準備し、タクシーにてダウンタウンにあるホテルへと向かいました。
少し早めに到着してしまったのですが、チェックインをすることが出来ました。
部屋に荷物を置き、ホテルの隣にある、ローカルの食堂で少し遅めの昼食(鶏肉とカシューナッツの炒め物定食3000チャット)を取り、街を少しだけ散策しました。
本当に良い天気で物凄く暑かったです。
その後、ホテルに戻り、暗くなるまで少し休憩をしました。

そして、夜8時頃にエンペラーに行きました。
夜8時頃でもそこまで暗くなく、人通りもそこそこにあったので、徒歩で向かいました。
あまり危険な感じはしませんでしたが、念のためにタクシーで向かった方が良かったかもと少し反省しております。
エンペラー建物前に着くと、日本語で黒服が声をかけてきました。
その黒服に案内され、今かと待ちわびたエンペラーに入店しました。
平日だったためか、店内はガラガラでした。
入店して席に着くと、一斉に女の子に囲まれました。
アジアの置屋好きおっさん情報サイトの通りです。
圧巻の風景でした。
女の子を選ばなくてはいけないのですが、マニュアルにあった通り、暗くて見えづらく、また、優柔不断な性格故、非常に悩みましたが、適当な子を一人選び、少しお話をしてみました。
近くで見ると、美人系の子でした。背は、特別高くも低くもなく、胸も大きくはなさそうでした。
自己紹介をしてもらうと、22歳でヤンゴン出身ということでした。
この子は、それなりに英語が話せる子でした。
酒を飲みながら、少しお話をした後、ホテルに誘うと、一晩で80000チャットと言われました。
出せないことはありませんでしたが、そこはマニュアルに従い、60000チャットに値下げできないか交渉をしてみました。
私の交渉の仕方が下手だったのかもしれませんが、一切値下げは出来ないということだったので、ごめんと言い、席を離れてもらいました。

しばらく酒を飲みながら、ボーっとしていると女の子は要らないかと黒服が声をかけてきました。
一晩60000チャットな娘だったら考えると答えると、その場を離れる黒服。
しばらくして、戻ってくると女の子を一人連れています。
すらっと体型の細身美人です。
名前はMちゃん。年齢などは忘れてしまいました。
さっきの子と比べると、英語があまり得意でなかったため、少し話をするのに苦戦しましたが、性格も良さそうであったため、条件(値段・滞在時間など)を再度確認したうえで、連れ出すことに決定。

嬢を連れて、外に出るとさっきの黒服がチップを要求してきました。
不幸なことに、財布の中に少額紙幣がなく、5000チャットもあげてしまいました。
用意しとくべきだったと気づきましたが、後の祭りです・・・。
その後、建物の前のタクシーが声をかけてきました。
ダウンタウン内の移動にも関わらず、5000チャットとかぬかすので、値下げできないか話したのですが、一切できないと言われ、なくなくそれでタクシーに乗りました。
誰か交渉のコツを教えてください(笑)

ホテルに入ると、フロントで従業員が嬢のIDを確認し、部屋に入りました。
JFは、一切かかりませんでした。
余談ですが、ここの従業員は非常に感じが良く、また泊まりたいと思いました。
少しだけお話をした後、嬢→自分の順でシャワーを浴び、双方裸でベッドインします。
嬢の肢体を眺めると、思った通り、細身で胸もあまりありません。
しかし、とても綺麗で滑らかな肌をしていました。
プレイが始まりました。
緊張していたこともあり、あまり内容は覚えていないのですが、前戯はあまり無く、フェラやキスもありませんでした。
嬢のおっぱいやまんこを揉んだり、舐めたりした後、日本から持ってきた極薄コンドームを付け、いざ挿入です。
始めからそうでしたが、この娘はおとなしめで、突くと小さな声で喘ぎます。
正常位→騎上位→正常位でしばらく突いた後、遅漏気味の為か、逝くのに時間がかかりそうだったので、ゴムを外しても良いか聞いてみました。
すると、静かに頷きましたので、生で再挿入。
正常位の体勢でしばらく突いた後、最後は中で無事発射しました。
嬢は、露骨に嫌な顔はしていませんでしたが、すぐにシャワーに行きました。
行為中は気持ち良かったのですが、生でしたことはやはり無謀だったと反省してます。
帰国後、すぐに検査をし、陰性だったのが唯一の救いです。
その後は、疲れていたこともあり、すぐに二人とも眠りにつきました。

朝、嬢が帰る少し前に目を覚まし、嬢の身体を撫でまわしながら、手コキをしてもらい、無事発射。
その後、嬢に60000チャットと、チップとして5000チャットを渡すと、帰っていきました。
物静かでしたが、嫌な感じは一切なく、帰るときも笑顔で手を振ってくれるようなとても良い娘でした。

全体的に見ると、また来ようと思うような、非常に満足のいく結果となりました。
プレイ自体は、淡泊でしたが、全く擦れておらず、すごく癒されました。
しかし、実はこの滞在期間中に4回ディスコに行きましたが、結果は2勝1敗1惨敗という結果でした\(^O^)/
それについては、またの機会に語らせて頂ければと思います。
再度余談ですが、ホテルやレストランの従業員など、ヤンゴンの人たちは概ね親切で、また来たいと思いました。

長文駄文失礼いたしました。
読んで頂き、誠にありがとうございます。